JBL-REFLECT-FLOW-Cover

けんちゃん 喋る S
ワイヤレスイヤホンでランニングを楽しんでますか~?
え、ちゃんと聞こえない?
そんなときはこの記事で解決してください!



1.ワイヤレスイヤホン(JBL REFLECT FLOW)が片方しか聞こえないときの対処法 

ワイヤレスイヤホンって、最高! 使ってみるとコードがないことがこんなに楽なんて思いませんでした。

でも、ワイヤレスイヤホンを使っていると

けんちゃん 驚く S
あれ?
片方からしか聞こえないっ!!

ってことありません?

でも、これはBluetoothのペアリングの仕組み、原因と対処法がわかれば簡単に解決できます。私が使用しているJBL REFLECT FLOW を例にして説明していきますが、その他の機種についてはペアリングの仕組みが違ったりするので細かい対処法は違うかもしれないので気を付けてください。対処法だけ知りたい人は、4.だけ読んでも大丈夫です。

ペアリングの仕組みと対処法を学んで、ワイヤレスイヤホン・ライフをエンジョイしましょう!

おすすめ読者

 ワイヤレスイヤホンが片方しか聞こえなくて困っている人
 ワイヤレスイヤホンのペアリングの仕組みを知りたい人


2.ワイヤレスイヤホン(JBL REFLECT FLOW)ペアリングの仕組み 

ペアリングの仕組み
ワイヤレスイヤホンとスマホとのペアリングを私が使っているJBL REFLECT FLOW を例にして解説します。

①スマホとのペアリング
まずは、スマホとイヤリングのペアリングです。これをしないとスマホから情報が流れてこなくて音楽を聴くことはできません。

ペアリングとは、デバイス同士を無線でつなぐことです。デバイス同士が認識し合って音声情報などの通信をし合える状態のことです。

ワイヤレスイヤホンを使うときは、スマホとBluetoothを使ってペアリングすることになります。Bluetoothって何?という方には、下のリンク先がわかりやすいと思います。



REFLECT FLOW は、スマホとのペアリングを1回すると、2回目以降はケースから取り外したら自動でしてくれます。(便利ですね!) でも注意が必要で、スマホと直接つながっているのはREFLECT FLOW の右側だけです。つまり、右側が親機になって、左側の子機に音を送っていることになります。


②イヤホン同士のペアリング
イヤホン同士のペアリングは、基本的には自動でつながります。しかし、何かの拍子にこのペアリングがうまくいかないときがあります。

REFLECT FLOW の場合は、右側だけしか聞こえない状態がこれです。親機はスマホとつながっているけど、親機と子機がつながっていないということですね。これを理解しているだけで、対処のしやすさが全然変わってきますよ!

最近の機種では、左右が独立してBluetoothとペアリングされるものもあるようなので、使用している機種の説明書を確認することをおすすめします。




3.JBL REFLECT FLOW の基本操作 

再生などの本当に基本の操作は置いといて、ここではペアリングを確実にするための操作を説明します。

①電源を入れる
REFLECT FLOW 電源を入れる
電源の入れ方は簡単。イヤホン中央の「JBL」と書かれているボタンを3秒長押しするだけです。意外と固いので、初めて操作するときは少し戸惑うかもしれません。ぐっと押し込むように押すのがポイントです。

電源が入ると「チャカチャーン」とギターみたいな音が聞こえるので動作確認できます。「JBL」の下あたりが青く光るので、見た目でも動作確認できます。

説明書では、左右のイヤホンがちゃんとペアリングできるように、左右同時に電源を入れることを推奨しています。ここで親機の右側だけ電源を入れても右側だけが聞こえたり、左側だけ電源を入れても親機(右側)が起動していないので音が聞こえなかったりしてしまい、トラブルのもとになります。


②電源を切る
REFLECT FLOW 電源を切る
電源を切るのはもっと簡単! 親機である右側を5秒長押しするだけです。

電源が切れると「チャカチャーン」と、またギターのような音で動作確認できます。(電源が入ったときとは違う音程なので、入ったか切れたか間違えることがありません。) 「JBL」の下あたりが赤く光るので見た目でも確認できます。

余談ですが、左側(子機)だけ電源を切ることもできます。操作はもちろん、左側だけを5秒長押しです。左側(子機)だけ切ると、右側(親機)からだけ音が出るようになります。ランニングをするときに、右側から音楽、左側から周囲の音を聞きたい!というときに使える機能ですね。


③ペアリングする
REFLECT FLOW ペアリング
最初にスマホとペアリングする場合は、左右共に3回押してペアリング状態にします。ペアリング状態になると、「JBL」の下が青と赤が交互に光ります。次に、スマホのBluetooth設定画面から「JBL REFLECT FLOW」を選択してペアリング登録します。これでBluetoothペアリングの初期設定は完了です。次回からは、電源を入れると自動的にスマホとつながります。




4.症状・原因と対処法 

さて、ここからが本題(やっとか!)。ここまで読んでいただいた方であれば、症状・原因とその対処法は何となくわかっていただけると思いますが、ここでまとめて説明していきます。

①右側からしか音が出ない(左側の電源が入っていない)
左側だけ電源を入れたらいいように思いますが、この状態からだと左側だけ電源を入れても左右のペアリングができないので左側から音は出ません。

この場合、いったん右側の電源も切ってから、左右同時に電源を入れるのが一番良い対処法です。もし、この方法で左右から音が出なければ、②に進んでください。


②右側からしか音が出ない(左右のペアリングができていない)
①でも音が出ない場合は、左右のペアリングができていない可能性があります。

その場合は、まず左右の電源を入れてから、右側を3回押してペアリング状態に、次に左側を3回押してペアリング状態にしましょう。左右のペアリングができたら、電子音が聞こえます。「JBL」の下は、青くゆっくり点滅します。


③両方から音が出ない(電源が入っていない)
これはあんまりないと思いますが、念のため。

この状態であれば、左右同時に3秒長押しで電源を入れるだけ!
楽勝ですね。


④両方から音が出ない(スマホとのペアリングができていない)
この場合は、③をしてからペアリング(3.の③を参照)ですね。



けんちゃん 笑う S
これでJBL REFLECT FLOW で何があっても大丈夫!
ガンガン使い倒しましょう!


こちらは「JBL REFLECT FLOW」の紹介記事です。
スポーツしながら音楽を聴きたい人におすすめです!




61hej3iFiLL._AC_SL1500_