【レビュー】防水完全ワイヤレスイヤホン JBL REFLECT FLOW でランニングしてみた!

JBL+Reflect+Flow_mid

けんちゃん 喋る S

完全ワイヤレスイヤホンで音楽聴きながらスポーツしたい!
って人はぜひ読んでください。

注 意

この記事は防水完全ワイヤレスイヤホン JBL REFLECT FLOW のレビュー記事です。2020年12月時点でのランニングにおすすめのワイヤレスイヤホンは、「ランニングにおすすめのワイヤレスイヤホンがインナーイヤー型である4つの理由」にまとめていますので、そちらを参照してください。

ジャンプできる目次

REFLECT FLOW でランニングしてみた!

JBL-REFLECT-FLOW-Cover

最近流行の完全ワイヤレスイヤホンがほしい! どうせなら、防水仕様の完全ワイヤレスイヤホンで音楽を聴きながらスポーツしたい! でも、機種が多すぎてどれを選べばいいかわからない。高いのならハズレはないだろうけど、ちょっと躊躇するなあ。かといってAmazonで試しに安いのを買ってみるのもなんか怖い。

という方に朗報です。なぜらなら、JBL REFLECT FLOW はほぼ全部盛りイヤホンで、値段も手頃だからです!

この記事では、実際に購入してランニングで使用してみた感想をレビューします。特に今回は、スポーツ(ランニング)する時に気になる

・フィット感
・外音取り込み
・音切れ

を中心にレビューしますので参考にしてください。

↓片方しか聞こえないときのトラブルシューティングも書いたのでこちらも参考になると嬉しいです。

ワイヤレスイヤホン(JBL REFLECT FLOW)が片方しか聞こえないときの対処法

そして、好きな音楽と一緒に走るランニングライフをエンジョイしてください!

おすすめ読者

 音楽を聴きながらランニングしたい人
 スポーツタイプ、カナル型のイヤホンが初めての人
 高いのはちょっと・・・かといって安いのも・・・という人
 メーカーの情報でなくて、ユーザーのレビューを知りたい人
 どれを買おうか迷っている人

REFLECT FLOW の特徴

news_jbl_refflowblk

REFLECT FLOW の詳細は上の公式HPを見てもらうとして、ここではハイライトだけ書きたいと思います。

  • イヤホン本体 左右各8g
  • Bluetooth 5.0
  • 完全ワイヤレス
  • IPX7の防水性能
  • イヤホン本体10時間+充電ケース使用20時間=30時間使用可能
  • ハンズフリー通話
  • ボイスアシスタント機能
  • アンビエントアウェア機能
  • トークスルー機能
  • 定価12,800円+税

ここまで機能が盛りだくさんで、定価が12,800円+税なんて、ステキすぎません?
2019年10月25日発売と、比較的新しいのも魅力です。

REFLECT FLOW の外観(開封の儀)

20191125_002157
パッケージはこんな感じです。

20191109_173322
開けるとこんな感じ。ちなみにこのフタは磁石が入っているようで、パカパカ何度でも開け閉めできます。

20191125_001626
ケースのサイズ感です。大きくもなく、小さくもない。マット仕上げがお気に入りです。

20191125_001856
ケースの後ろ側。真ん中の黒い部分が、充電用のUSBケーブルを挿すところ。その下は、バッテリー残量です。この写真の状態は、4つとも光っているので満タンですね。

20191125_001723
開けるとこんな感じ。充電中は、赤いライトが点灯します。すき間があるように感じるのは、スタビライザーをSサイズに変更したからです。

20191125_001825
イヤホンを取り出すとこんな感じ。イヤホンを入れるときには、磁石でカチッと吸い付くように気持ちよく収まります! フタも磁石でカチッと気持ちよく閉まります!

20191125_001804
イヤホン本体。サイズ感伝わりますか? イヤホンなんでこの写真なくてもわかるか! (っていうか、なんでこんなに手がシワシワなのっ!?)

正直あまり期待はしていなかったんですが、思った以上に高級感があって満足しています。イヤホンの黒く丸い部分はボタンになっていて、左右のボタンの押す回数などで機能が割り振られています。

フィット感

04cbe38383667d46038fc19adef9fa55-500x311

スポーツタイプのカナル型は初めて使いましたが、結構きつい! 以前使っていたのは、耳かけ型だったのでなおさらきつく感じます。1か月ほど使用して慣れましたが、ここは好みが分かれるポイントだと思います。

REFLECTFLOW スタビライザー
私は耳が小さいのか、スタビライザー(上図)をSサイズにしました。Sサイズにしても耳に合っていれば、ランニングしてもずれたり落ちたりすることはないので安心してください。ちなみに、S、M、Lサイズが付属しています。

REFLECTFLOW イヤチップ
イヤチップはSサイズよりもMサイズの方がフィット感があったので、Mサイズにしました。スタビライザーとイヤチップが別々に交換できるのはいいですね! 私の耳にぴったり合わせることができました。ちなみにこれも、S、M、Lサイズが付属しています。

カナル型スポーツタイプのイヤホンは、スタビライザーとイヤチップが別々になっているかはかなりポイントだと思いました。ビックカメラなどの大型店だと試着もできるので、心配な方は試着してから購入してもいいかもしれません。

外音取り込み

photo-1496163668521-39614a16b23f

REFLECT FLOWには、外音取り込み機能が2種類あります。

アンビエントアウェア機能

音楽の音量を少し下げて、周囲の音も通す機能です。
音楽も聞こえるし、周囲の音も聞こえます。
屋外でのランニングなどで、周囲の音もしっかり聞きたいときなどに使います。

トークスルー機能

音楽の音量はOFFにして、周囲の音だけ聞けるようにする機能です。
イヤホンはつけたまま、誰かと話すときなどに使います。
イヤホンをわざわざ外す手間が要らないのと、外して紛失する心配がなくなります。

トークスルー機能は、ランニングするときには使わないですね。
私はランニングするときしか REFLECT FLOW を使わないので、まだトークスルー機能は使ったことがないです。

アンビエントアウェア機能は、便利! REFLECT FLOWは、密閉度が高く普通に使うと周囲の音はほぼ聞こえません。アンビエントアウェア機能を使うと、音楽と周囲の音の両方聞こえるので安全にランニングすることができるからです。

でも正直、私はあまり使っていません。 アンビエントアウェア機能を使うと、周囲の音が何となく不自然に聞こえるんですよね。スピーカーから周囲の音を拾っているのか、特に風切り音は「ゴー」といった感じの音になります。風の強い日は、アンビエントアウェア機能を使う気になりません。通常モードで使用しても、周囲の音が全く聞こえないわけではないので、通常モードで私は使用しています。

音切れ

dc6f6d80bfdc79bca9a96ad09644a644
Bluetooth接続にありがちな、音切れはないです! 1か月ほど(週末のランニングだけですが)使っていますが、音切れは1回もないです。昔のBluetoothイヤホンではあり得ないですね。電車の中などの電波が混み合っているところでは使用していないので、使い方によっては音切れする場合もあるかもしれません。

少し気になったこともあります。REFLECT FLOWは、音声データをバッファーしてから再生しているので音切れしにくい仕様になっています。これがくせ者で、YouTubeなどを視聴すると、映像よりも若干音声が遅れることがあります。とはいっても、スポーツ目的で使用する分には全く問題ないんですけどね。

ランニングおすすめ度(総評)

photo-1515144225933-899dcb0ca32e

REFLECT FLOW のランニングおすすめ度は、10点満点中「9点」です!

おすすめポイント

 完全ワイヤレスの開放感
 音質の良さ
 防水
 音切れしない
 コスパの良さ
 ケースの高級感

まず、最初の4つのポイントだけで、スポーツ用完全ワイヤレスイヤホンを買うべきです! 体を動かす時って、ホントにコードって邪魔なんですよ! イヤホンをつけていることを忘れるくらいに、音楽を聴きながら快適に走ることができる。最高じゃないですか!

次の2つのポイントは、スポーツ用完全ワイヤレスイヤホンの中でも REFLECT FLOW を買う理由になります。これだけの機能があって、12,800円+税は安い! ケースを含めたデザインもいいです。カラーバリエーションも4色あって、女性にもおすすめできます。

もう1つだったポイント

 アンビエントアウェア機能の不自然さ
 耳の中に汗がたまる

前述したように、アンビエントアウェア機能は使わなくてもOKなんですが、風切り音だけはなんとかしてほしかったです。スポーツしたら風が当たるのは当たり前でしょ! ちょっと悲しいです・・・。

2つ目は、地味に気になる汗です。私は汗っかきなので、私だけが気になるのかもしれませんが汗がたまるんです。
走ったあとにイヤホンをとると、けっこう汗がついています。密閉度が高いので汗がにげないんですね。でも、走ったあとに気になるだけで、走っている間は全く気になりません。

ま、2つとも走っているときは全く問題ないんですけどね。

質問があったら下のコメント欄に書いていただけたら、答えていきたいと思いますので、ドシドシ書いてください!

けんちゃん 笑う S

JBL REFLECT FLOW で、音楽といっしょに気持ちよくランニングしよう!
だいぶ安くなってきたみたいだから、一度チェックしてみて!

61hej3iFiLL._AC_SL1500_

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

ジャンプできる目次
閉じる