Google AdSense の「ads.txt」をSWELLでサクッと設定する方法

けんちゃん

ズバリ、これを読んでいる人はこんな画面を見たことがあるでしょう!

この記事はあなたのために書きました。なぜなら、私がそうだったから!(え、ひょっとして自分のため?)

この記事は、何でもいいからサクッと解決したい人、すっきりしたい人向けに書きました。必要なところだけ読んで、サクッと解決してください。(^^;

ジャンプできる目次

そもそも「ads.txt」とは?

Googleから問題を修正してくださいといわれるくらいなので、「ads.txt」が大切なものだということは何となくわかります。でも、わからないし、知りたいのが人情というもの。サクッと解説します。

「ads.txt」 は偽ブログでない証明書

簡単にいうとこの一言です。(簡単すぎか!)

Google AdSenseは、広告があるサイトが表示されるたびにGoogleにリクエストを送り、Googleは広告を入札にかけて落札した広告をサイトに送って表示しています。

この仕組みを悪用して、実態のないサイトから偽のリクエストを送って、広告報酬を不正に得る悪人がいます。

これを防ぐための仕組みが 「ads.txt」 です。正規のサイトが広告のリクエストを送ったときに 「ads.txt」 をGoogleが照合して広告を表示させるのです。 「ads.txt」 があることでGoogleは安心して広告を出せて、サイトの運営者も正当に広告収入を得ることができます。

けんちゃん

やっぱり「ads.txt」 は必要ですね!

設定しないとどうなる?

結論からいうと、広告収入を得られなくなる可能性があります。ただそれは、広告収入が大きなサイトでしょう。個人の零細ブログでは、ほぼ関係ないと思います。(悪徳業者は不正に広告収入を得る仕組みを自動化して莫大な利益を得ているので。)だから、「ads.txt」は必須ではなく、あくまで推奨なんです。

とはいえ、わずかな収入でも確実にもらいたいのが人情というもの。

けんちゃん

「ads.txt」は確実に設定しておきましょう!

「ads.txt」のSWELLでの設定方法

では、わずか②ステップでサクッと設定しましょう。今回紹介するのは、WordPressのテーマ「SWELL」の場合の設定方法ですのであしからず。

STEP
「ads.txt」 をダウンロードしよう
Google AdSense

おそらくこのブログを読んでいる人は、Google AdSenseに「ads.txt ファイルの問題を修正してください。」 と表示されていると思うので、①「今すぐ修正」を押して、②「ダウンロード」を押します。

ダウンロードしたら、この後設定しやすいようにファイルを開いておきましょう。

STEP
設定画面を開いて設定しよう
SWELLのメニュー

WordPressを開いて、左側の①「SWELLの設定」、② 「ads.txtを編集」を押します。

SWELLの設定画面

すると上のような画面になるので、①に先ほどの 「ads.txt」 をコピペして入力。② 「ads.txtを変更する」で変更を確定してください。 ②は忘れがちなので、忘れないように!

以上です!簡単ですね。

けんちゃん

これで安心ですね!

まとめ

サクッと理解していただけたでしょうか。では、最後にサクッとまとめ!

「ads.txt」のまとめ

  • 「ads.txt」 は偽ブログでない証明書
  • 「ads.txt」は必須ではないが設定しておこう
  • 「ads.txt」の設定はコピペするだけ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。サクッと「理解できたよ」「設定できたよ」という方は、下の「♡」「コメント」いただけるとめちゃくちゃ嬉しいです!(^^)/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

ジャンプできる目次
閉じる