消費カロリーは 「心拍数×時間」である

running woman
けんちゃん 喋る S

消費カロリーは「心拍数×時間」って、どういうこと?
というみなさん、次の画像を見てください。

①1月19日のラン↓
1月19日概要
1月19日詳細

②1月2日のラン↓
SmartSelect_20190120-173748_Connect
1月2日詳細

①は1月19日のラン。調子が悪かったのでゆっくり走りました。
②は1月2日のラン。19日よりも速いペースです。

でも、同じコースなので基本的に距離は同じです。むしろ、②の方が距離は短いのに、消費カロリーは多くなっています

心拍数が違うからです。消費カロリーはトレーニング強度×時間で決まります。いくら長時間やっても、軽い運動だとカロリーを消費しませんよね。トレーニング強度が高いということは、それだけエネルギーが必要となります。だからト、レーニング強度が高いとそれだけ心拍数が高くなるというわけです。

ランニングやサイクリングなどの有酸素運動をする時は心拍数も気をつけて見てみてください。ちょっときついかなっていうぐらいの運動を30分から1時間ぐらいするのがおすすめです。筋トレは無酸素運動ですが、強度が高いので意外とカロリーを消費しています。

(追記)
脂肪を効率的に落としたい方は、下のリンクも参考にしてください。

ランニングは朝食前にゆっくり走るとやせるわけ

けんちゃん 笑う S

心拍数をトレーニング強度の目安にするといいですよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

ジャンプできる目次
閉じる